blog*ハオ・ユン・ライラ 毒草の話

メールマガジンで配信したものを載せます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
毒草についての話        第五號
これは毒草についての不定期メルマガです。
------------------------------------------------------
Index
挨拶など
キンポウゲ
------------------------------------------------------
☆ 挨拶など
こんにちは!毒草の話の発行者,織原 羅夢(オリハラ ラム)です。
今回は,キンポウゲの話です。

★ キンポウゲ [キンポウゲキンポウゲ属]
キンポウゲとはどんな植物か?
 日当たりのよい道ばたや畑の縁などに見られる多年生草本植物で4月~6月に黄色
の花畑をつくる。
 花びらは漆をぬったような光沢があるから遠目からでもよく目立ち子供たちの目を引いた。この花はかぶれるらしいです。かぶれの原因は,全草に含まれている刺激性の成分で生の葉でやや茎を手にこすりつけると痛がゆくなってぶつぶつと発疹ができる。しかし、乾燥すると刺激成分が消え無毒になるという。
 キンポウゲ科は、非常に仲間のひろい種属で、トリカブトやフクジュソウといった毒にも薬にもなる個性の強い有用植物が多く含まれている。だが、キンポウゲそのものは大きな科の名前を冠しているわりには薬用としてほとんど使われていない。

◇ 画像 ◇
http://taiyo.main.jp/harb/archives/2005/09/post_102.html
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/umanoasigata.html

◇ バックナンバー ◇
http://id47.fm-p.jp/158/lum3deutsch/

◇ メール ◇
下のメールアドレスに送って下さい。
気軽にメール下さい。最低限のマナーは守ってください。守っていないと削除いたします。

☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡☆彡★彡

発行者:織原 羅夢
使用したもの : 毒草の誘惑 植松 黎・著
         http://taiyo.main.jp/harb/archives/2005/09/post_102.html
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。